ハーブのある暮らし

herbsdiary.exblog.jp
ブログトップ

ルバーブプディング

Baldwin & Co.

念願だったルバーブプディング作りました。

イギリスでは、プリンのような形をしているものは、すべて「Pudding」(プディング)と呼びます。なのでメニューにプディングとあってもデザートじゃないことの方が多いので、ご注意を!(笑)。

これは、イギリスで有名なジェイミーオリバーのレシピで、簡単かつおいしいので、よく作っていました。6人分のレシピなのに、HelenとIanと3人でペロッと食べちゃっていたんですから、太るわけですね。

もともとのレシピは、ピーチかネクタリンで作るんですが、アレンジしていろいろな果物で作ることができるとっても便利なレシピです。日本のピーチはちょっと不向きかもしれませんが、果実が固いイギリスのピーチで作るとおいしいです。

今回は、小淵沢ガーデンで採れたルバーブで作りました。本当はホットカスタードクリームをかけて食べると最高においしいんですが、今回はアイスクリームで食べました。ルバーブの酸味とプディング生地の甘味とアイスクリームの甘味が最高です。

ルバーブはあまり甘く煮ない方が酸味があって、おいしいです。上に乗せるスポンジケーキのような生地は、材料を混ぜるだけという超簡単なもの。アツアツにアイスクリームを乗せていただきます。
d0026822_16304265.jpg




作り方 6人分(一応) ちなみにルバーブの容量の関係上、半分で作りました。
ルバーブ  長さ50cmくらいのもの3本くらい(太さもまちまちですので加減してください)
砂糖 大さじ4

バター 125g
砂糖 125g 
Lサイズ卵 2個 
小麦粉 125g (Self-rising flowerを使いますが、日本では購入できないので、小麦粉にベーキングパウダーを入れて使います)
ベーキングパウダー 小さじ2強

なべにルバーブ、大さじ4の砂糖(加減してください)、水大さじ4、(バニラポッド)をいれ、弱火で5分煮て、耐熱容器に油を塗り、粉を振りかけ、ルバーブを入れる。
ボールにバター、砂糖、卵を入れ白っぽくなるまで攪拌する。小麦粉(ベーキングパウダー)をいれ、さっくり混ぜ合わせ、ルバーブを入れた耐熱容器の上にかぶせるように乗せる。
180℃に温めておいたオーブンで45分焼く。
くしを挿してみて、何もついてこなければ、焼けているので、オーブンから取り出す。
アツアツを小皿にとりわけ、できればホットカスタードクリーム、アイスクリームなどを添えていただきます。
d0026822_16305567.jpg


本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-09-08 16:34 | クッキング | Trackback
トラックバックURL : http://herbsdiary.exblog.jp/tb/1735256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]