ハーブのある暮らし

herbsdiary.exblog.jp
ブログトップ

石鹸作り

今日も、いいお天気でしたね~。我が家のハーブたちもうれしそうに見えます。虫のつかないこの時期はとてもいい季節です。

今日は、ご依頼いただいた石鹸作りをしました。最近、忙しさにかまけてちょっとサボっていたので、ちょうどいい機会を与えていただきました。

今日の石鹸は、マカデミアナッツオイル・アーモンドオイル・オリーブオイル・ココナッツバターを主成分にしました。

マカデミアオイルはパルミトオレイン酸をはじめ、人間の皮脂に類似した脂肪酸組織を持つオイルなので、肌になじみやすくベトつかない上、ビタミンを豊富に含み、浸透力に優れている大好きなオイルです。

アーモンドオイルは、さっぱりとした使いここちのオイルで、やや酸化しにくく、ビタミン、オレイン酸、脂肪酸、ミネラルが豊富です。皮膚をやわらかくする効果があります。Baldwinのアーモンドオイルは、「まるでクリームのような泡」の石鹸に仕上がります。オイルの品質でも石鹸の仕上がりが変わります。

ココアバターは、パルミチン酸とステアリン酸が多く、石鹸に配合することで、パーム油よりも硬さが出て、溶け崩れも抑えることができます。強力な皮膚のカバー力にもなります。
d0026822_17375324.jpg

この状態で一晩おいて、明日型出しをして切り、4週間熟成させます。

この木の型は、Harukiオリジナルです。どうにかしてきれいな形の石鹸ができないかな~、なんとかしてうまく切る方法はないかな~と考えた末、開発(?)しました。

今じゃ、この型を使わない石鹸なんて(ちょっと大げさ?)、石鹸じゃない!って感じです(笑)。

と、ここまではなんだかとっても優雅に石鹸作りをした1日、って感じですが、実は、今日は大失敗をしてしまいました。

パーム油のボトルとココナッツオイルのボトルを間違えてしまい。ココナッツオイルをダブルの量入れてしまったのです(ショック!)。どうも固まりが悪いな~、やけに色が黄色いな~と思って型入れし、器具もすべて洗い、オイルの入っているボトルを片付けながら「ひぇ~」と気がつきました。

仕方なく、もう一度作り直しました・・・この画像はその失敗作のものです(トホホ)。でも、失敗は成功の元(?)になるか、パーム油の入らない石鹸がどんなものになるか実験です。

とはいえ、ココナッツオイルは、肌にとって刺激のありカプリル酸やカプリン酸を含んでいるので、もし万が一固まったとしても肌には使えません。つまりは大量の洗濯用石鹸ができあがってしまったということです。まっいいっか!たくさん洗濯しよう!

明日の型出しが楽しみです。

講習の予定

ハーブティー用ハーブ寄植え講習
5月5日にTimber Yardさん開店10周年の記念イベントでハーブの寄植え講習会をします。詳細はTimberyardさんのホームページからどうぞ。もう定員かもしれません。その節はお許しを。

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

JulieのEnglish Lesson
Julieはイギリス人の女性です。彼女はプライベートで英会話のレッスンをしてくれます。毎回手作りのお菓子を作って出迎えてくれます(それが目的だったりして?)。またお料理教室もしてくれます(もちろん英語ですが)。イギリス料理と侮るなかれ。イギリスの家庭料理はおいしいんです!希望に応じていろいろなアレンジをしてくれます。ご興味のある方はコメントに書き込みお問い合わせください。
[PR]
by herb_melissa | 2005-04-30 18:03 | グリーンコスメ | Trackback
トラックバックURL : http://herbsdiary.exblog.jp/tb/359937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]