ハーブのある暮らし

herbsdiary.exblog.jp
ブログトップ

石鹸作り Part2

今日は、昨日仕込んだ石鹸の型出しです!

ちょっとチェックしてみたところ、室温が高かったせいか、ちょっとウェットな感じ・・・これは悩みどころです。型出しすべきか、待つべきか・・・

迷った末、型出しを決行!結果オーライです。とってもきれいに出すことができました。おいしそうなペール色です。この状態で4週間熟成させます。その間にアルカリが中和されてPhが9~11になります。
d0026822_1559214.jpg


失敗、いや洗濯用石鹸は、型出しをもう1日待つことにしました。今日もう1本仕込んだので、明日一緒に型出ししようと思います。今、保温箱の中で仲良くならんでます。


昨日の夜、紅茶を飲んでいて無性にショートブレッドが食べたくなったので、今日はショートブレッドも焼きました。通常、ショートブレッドにはセモリナ粉を使うのですが、イギリスの友人Helenがライスフラワー(その名のとおりお米の粉)でも大丈夫だよ、と教えてくれたので、どこだったか忘れてしまったけれど、「道の駅」に行った時に買ってありました。

レシピは、Helenも私も大好きな、Delia Smithと言うイギリスの日本で言うところの料理研究家と言われる人のものです。余談になりますが、帰国する時に、Baldwinのスタッフがくれたものです。

日本では、Jamie Oliverが人気ですが、彼は新進料理家と言った感じで、斬新な料理を作ります。最近はちょっとアジアチックなお料理に興味があるようです。Delia Smithは、トラディショナルな感じで、伝統的なイギリス料理を基本にしていて、お料理番組でもとてもシリアスに、きっちりとまじめに料理してます。

小麦粉は「Made in England」のオーガニックです。イギリスのレシピでお菓子を作っても、イギリスの味にならないのはなぜだろう?とHelenと考え、「粉が違う」との結果になりました。

なので、イギリスに行くとオーガニックの小麦粉を買い込んで来ます。と言っても重たいので、せいぜい2~3袋ですが・・・だから、大事に使ってます。でも本当に格段おいしくなります。粉の味がおいしいんです。

またまた余談ですが、イギリスの小麦粉は、「Self rising flour」というのがあって、これは小麦粉の中にすでに10%だったかな?ベーキングパウダーが入ってます。そして、ほとんどの粉は「Sifted」と書いてあり、すでに振るってあり、そのまま使うことができます。さすがイギリス。

ということで、出来上がりで~す!
d0026822_16133555.jpg


サクサクで、ほどよく甘く、粉の味がおいしい、おやつができました。早速、アールグレイ(これもイギリスから買って来た)で、いただきました。

今日1日で食べちゃうかな???




講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

JulieのEnglish Lesson
Julieはイギリス人の女性です。彼女はプライベートで英会話のレッスンをしてくれます。毎回手作りのお菓子を作って出迎えてくれます(それが目的だったりして?)。またお料理教室もしてくれます(もちろん英語ですが)。イギリス料理と侮るなかれ。イギリスの家庭料理はおいしいんです!希望に応じていろいろなアレンジをしてくれます。ご興味のある方はコメントに書き込みお問い合わせください。
[PR]
by herb_melissa | 2005-05-01 16:30 | グリーンコスメ | Trackback
トラックバックURL : http://herbsdiary.exblog.jp/tb/368745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]