ハーブのある暮らし

herbsdiary.exblog.jp
ブログトップ

ハーブたっぷりトルコ風おやき

今日は、カバック・ムジュヴェリHaruki風を作りました。

カバック・ムジュヴェリは、トルコのお料理でトルコ風おやきと言った感じのものです。愛読しているアイシスラテールに載っていて、ぜひ作ってみようと思って、材料を用意していました。

なぜHaruki風かと言うと、本ではパセリしか使っていのですが、私はセージ・タイム・チャイブ・イタリアンパセリ・バジルを入れてみました。

作り方はいたって簡単。ズッキーニ1本(イギリスではコジェットと言います)は、千切りにして茹でて水に入れて、硬くしぼっておきます。モッチェレラチーズ30gはおろします。にんにくはみじん切り、ハーブもみじん切りにして、上記すべての材料と小麦粉50gと卵1個、塩コショウをしてよく混ぜ合わせ、オリーブオイルをひいたフライパンで丸く焼くだけです。

これにトマトケッチャプとヨーグルトを混ぜたソースをつけていただきます。

これが、意外や意外(?)、予想以上においしかったです。ねぇ、おいしそうでしょ?八ヶ岳ガーデンには、ズッキーニの苗も植えましたから、夏にはトルコおやきも作りましょう!

d0026822_18161457.jpg


明日も作っちゃおうかな???そういえば、「Harukiの一つ覚え」とよく言われてました。気に入ったものは、飽きるまで食べ続けるんです、私(笑)。

トルコと言えば、BaldwinのスタッフにMeralと言う素敵な女性がいるんですが、彼女が自宅に招待してくれた時に、トルコ風肉団子を作ってくれました。というより、な~んにでも興味ある私は、作り方を教えてもらいながら、一緒に作らせてもらいました(笑)。彼女のご両親か祖父母かが、トルコの人だそうです。なので彼女はエキゾジックな美人ですよ~。

その時に、ヨーグルトにミントとにんにくと塩少々を入れたソースを作ってんですが、最初はおいしいの???と疑ったけれど、これが肉団子をさっぱりさせてくれて、なかなかおいしかったです。トルコはなんにでもヨーグルトを入れちゃうんですね。

Meralにも、いろいろなことを教えてもらいました。また少しづつお話していきたいと思います。


講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

JulieのEnglish Lesson
Julieはイギリス人の女性です。彼女はプライベートで英会話のレッスンをしてくれます。毎回手作りのお菓子を作って出迎えてくれます(それが目的だったりして?)。またお料理教室もしてくれます(もちろん英語ですが)。イギリス料理と侮るなかれ。イギリスの家庭料理はおいしいんです!希望に応じていろいろなアレンジをしてくれます。ご興味のある方はコメントに書き込みお問い合わせください。
[PR]
by herb_melissa | 2005-05-02 21:33 | クッキング | Trackback
トラックバックURL : http://herbsdiary.exblog.jp/tb/381476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]