ハーブのある暮らし

herbsdiary.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ハーブティー 今日の気分は・・・

Baldwin & Co.

今日はとってもローズな気分・・・

最近は、朝ポットにその日の気分でハーブを選びハーブティーを作って、1日で飲みきるようにしています。

忙しいとその都度、お湯を沸かす時間すらなくなってしまう→水分不足になってしまう。という悪循環です。朝の身支度をする時間についてで作っておくと、飲みたい時に飲めて便利です。暖かい飲み物が恋しい最近は、1杯目はそのままホットで、その後は(本当はよくないけれど)チンしてます。

今日は、なんだかとってもローズな気分。オリーブリーフとローズのハーブティーでした。
d0026822_1737303.jpg


オリーブリーフとローズの効用はこちら
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-31 17:40 | ハーブ | Trackback

イギリス伝統の家庭料理とは・・・

Baldwin & Co.

週末はイギリスのお話です。

さて、さて、イギリスの伝統的な家庭料理(後にBaldwinのみんなにそう言われました)は・・・まずお皿1枚に、メインになるものがデ~ンと鎮座します。メインは基本的にオーブンで焼きます。鶏の場合はホイルで包み、蒸し焼きに。豚もかたまりをホイルで包み蒸し焼きに。牛はローストビーフに。ラムもローストビーフ風もしくはフライパンで焼きます。知らなかったんですが、イギリスのラムはとってもおいしいことで有名だそうです。

そして、付け合せの茹で野菜です。通常2~3種類でポテト・にんじん・いんげん・きゃべつ・ミニきゃげつなどなど、基本的に味をつけずに茹でるだけ。

そして、イギリスと言えばグレービーソースですねぇ~。それが上にかけられます。

ローストビーフの時には、ヨークシャプディングをつけてくれます。これはパンケーキ生地に似た物をプリン型に入れてオーブンで焼きます。私の大好物です。Pamの家のは冷凍でしたけど、生地から作った焼きたては最高においしいです。

最初のころは、なんだか本当にイギリスにいるんだなぁ~と言う実感があり、妙な新鮮感があって、おいしくいただいていました、が・・・

想像してみてください。このお料理がメインのお肉は違えど、毎晩出されるのです。お孫ちゃんたちが遊びに来ると出してくれる、フィッシュアンドチップスがなんとおいしく感じたことか・・・

でも、今は懐かしくって、また食べに行きたいなぁ~と思います。

さて、いよいよ次の日が初出勤です。がんばるぞ!!
d0026822_1156247.jpg

ケンジントンパレスに献花されている花束には、メッセージが書かれています。
本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-30 00:16 | イギリスのお話 | Trackback

Londonの生活が始まりました

Baldwin & Co.

週末はイギリスのお話です。

いつもの見慣れた景色を見ながら・・・でも、もうこのバスでDover Houseに帰ることはないんだなぁ~、なんて考えながら、ロンドンに向かいました。このイギリスの滞在で始めてのお別れでした。

ロンドンに着いて、VictoriaStaからBalhamStaに向かいます。約束のお昼過ぎころにPamの家に到着。新しい棲家です。

Chrisが明日の初出勤に備えて、定期券を買いに駅まで一緒に来てくれたり、家の近くを案内してくれたり、とても暖かいおもてなしをしてくれました。

Dinnerは、Pamと私がキッチンにあるかわいいテーブルで、ChirisはSitting Room
のテレビの前で。と言ってもChrisはあまり体調がよくないので、少ししか食べません。その分Pamがたくさん食べているかのよう?

今までの夕食は、寮で自炊だったので、日本食作ったり、イタリア人のヴァレンティーナのパスタだったり、チェンシーの中華だったりと、イギリスにいてもイギリス的なお料理じゃありませんでした。

でも、ここの家では、これぞまさしくイギリス料理!という夕食です。最初はよかったんですけれど、毎日同じようなのだとさすがに飽きてしまいました。でも不思議なことにPamの家を出たら、妙に懐かしくって仕方なかった。これぞ家庭料理なのかも?

そのお料理の内容は・・・また明日。
d0026822_11271175.jpg

イギリス国民に愛されるダイアナが住んでいたケンジントンパレスには、未だに献花が耐えません。Pamもダイアナを愛する一人です。

本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-29 11:30 | イギリスのお話 | Trackback

Adjective Game 形容詞ゲーム?

Baldwin & Co.

英語言葉ゲーム

先日、Julieのところでおもしろい(いや難しい)、言葉遊びをしました。

Julie曰く、日本人はあまり形容詞を使わない、とのこと。英語ほど形容詞の種類がないと思うと。それはただ単に日本人に英語のボキャブラリーが少ないだけじゃない?とも思いましたが、たしかに「すばらしい」と日本語で一言で言ってしまうことも、英語には「wonderful」「marvelous」「magnificent」「superb」「fantastic」「great」と、ちょっと考えただけでもいろいろあり、それぞれが微妙に意味が違っていたり・・・

そこで、題して「Adjective Game」(形容詞ゲーム)。
縦の軸にお題を書きます。そして横の軸に縦の軸に使われている最初の1字を使って、そのお題に関する形容詞を書きます。

例えば、
 Luxurious
Outlandish
New style
Dangerous
Overcrowded
Noisy

こんな感じです。イギリスではグラマーの勉強をあまりやらないから、これは日本人の方が得意かも?と言ってました。実際、最初は辞書なしね、って言ってたのに、私が単語が名詞か動詞か形容詞か調べたいって、言ったら私もちょうどそう思ってたところ、っと。な~んだ、そうっか。とちょっと安心。

その他にも日本語と同じようなしりとりゲーム。これもお題を決めます。ハーブにしようと言ったら、却下されました(笑)。

Lavender→Rosemary→Yallow→Wormwood→Dandelion→Nettle・・・

高難易度
これは、うまく作るとポエムっぽくなります。が、ごめんなさい。それぞれの説明文を書き写して来なかったので、説明できないです。今度、書き写してきます。

言葉って本当に難しい。まだまだ勉強が必要です。

Julieのクリスマスクッキングクラスのご案内
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-28 10:33 | その他のいいお話 | Trackback

スコティッシュ ハニーのお味は?

Baldwin & Co.

ストラサーデル ヘザーハニーをいただきました。

イギリス大好き友人(以前の職場の大先輩ですが・・・)から、スコティッシュハニー ストラサーデル ヘザーハニーというのをいただきました。

Hさんは、イギリスによく一緒に行ったり、私がイギリスにいた時にも2回も遊びに来てくれた大友人です。

イギリスに一緒に行こうと誘ってから、イギリスにはまってしまい(はまらせてしまい?)、彼女の海外旅行は、イギリスだけとさせてしまいました(ごめんなさい)。

Hさんもはちみつが好きで、コッツウォルズに行った時にも・・・ウェールズに行った時にもはちみつを買ってました。と言ってもほとんどのはちみつは瓶に入っているので、買えても1本か2本で、もっと買って帰れたらいいのにねぇ~といつも嘆いてました(笑)。

私はどちらかと言うとちょっと固形っぽいはちみつが大好きで、いただいたヘザーハニーは、大好きな固形っぽいはちみつです。

おいしいパンを買って来たら、空けてみようと思って、まだ食べてないけれど、今からワクワク楽しみです!でも、先日のチョコレートと一緒で、もったいなくって食べれな~い!

Hさん、いつもいつもありがとう!!感謝です。
d0026822_17251284.jpg


はちみつの効能はこちら・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-27 17:29 | その他のいいお話 | Trackback

我が家の一人っ子?

Baldwin & Co.

我が家のレモンの木に実ったレモン、順調に成長中。

今年、久しぶりに実ったレモン。たった一つだから一人っ子で、大事に育てられています。台風の強風にも負けず、秋の長雨にも負けず、元気に成長中です。

そろそろ黄色くなるのかな?うふふ、楽しみ!
d0026822_11105682.jpg

本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-26 11:10 | ハーブ | Trackback

やさしいお心遣いに大感激!

Baldwin & Co.

甘~く、暖かい心が届きました。

先週は、仕事のトラブルが続出(イギリス側のね)で、かなりパニックに陥ってました。そんな気持ちをフトこぼしてしまったら、昨日こんなに素敵な郵便が届きました。いつも小淵沢に一緒に行っているTさんからです。なんだろう?と思って開封してみると、中から私の好きそうな色をしたチョコレート(ダークチョコレートが大好きです)が、かわいらしいカードに暖かいメッセージと共に。
d0026822_11301041.jpg


ここのところの大変さが吹っ飛んじゃいました。ありがとう!感謝・感謝です。

チョコレートは、がんや動脈硬化の原因といわれる活性酸素の働きを押さえてくれるカカオポリフェノールが含有されていることは、広く知られることになりましたよね。さらに血圧とコレステロールの上昇をおさえる食物繊維や、カルシウム・マグネシウムなどの豊富なミネラルも含んでいます。そしてチョコレートの香り成分が、集中力や記憶力を上げることも分かってきたそうです。

もったいなくって食べることができないけれど、チョコレートにもTさんのやさしい気持ちが込められているんだなぁ~と再び感激です。

Tさんこそ、忙しいのに本当にありがとう!不良化させてごめんね。

本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-25 11:41 | その他のいいお話 | Trackback

秋の八ヶ岳実践大学の風景

Baldwin & Co.

すっかり秋でした。

きれいな赤に紅葉していたので、絶対画像撮らなくちゃ、っとみなさんがお買い物中に大急ぎで撮りに行ってきました。いい感じで紅葉してるでしょ?
d0026822_2149435.jpg


そして野菜直売所です。こんな素敵な野菜直売所なんて見たことないです。どの野菜も学生さんの愛情を感じます。今回は大好きなヤーコンを発見。きんぴらにしたらおいしかったです。
d0026822_21504855.jpg


そして、自由に休憩できるスペースです。夏の暑い時にも冷たい風が心地よかったです。平ちゃんにこんなのがハーブガーデンにも欲しい!っとねだってます。平ちゃん作ってくれないかなぁ~
d0026822_21514890.jpg

本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-24 21:53 | その他のいいお話 | Trackback

いよいよLondonへ行く!

Baldwin & Co.

週末はイギリスのお話です。

さてさて、こうして本当に本当にOxfordとお別れです。と言ってもその後、月に2~3回はOxfordに帰ってましたが・・・。

寮母さんHelenと寮のみんなと涙のお別れをして、Yukaさんがバスターミナルまで送ってきてくれました。別れは悲しいけれど、これからの新しいLondonでの生活もまた楽しみでもあります。

そして、London生活はPamとChrisのお宅のホームステイから始まりました。結局確か2ヶ月くらいしかいなかったけれど、ここの家でもまたまた楽しい思い出がいっぱいです。ここではよく言えばトラディショナルなイギリスの生活を体験することができました。

どんな?それはまた来週・・・ 
d0026822_2045976.jpg

ミスマープルの撮影にも使われたWoodstockの小さなカフェ 
 
本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-23 00:07 | イギリスのお話 | Trackback

いよいよLondonへ行く!

Baldwin & Co.

週末はイギリスのお話です。

さて、Londonへの引越しですが、Londonで絶対やりたかったのが、フラットにフラットメイトと住むこと。でも、いきなりでは無理なので、とりあえずホームステイをお願いして、ゆっくりじっくり探すことにしました。

ホームステイ先は、NorthanLineのBalhamと言う駅から歩いて5分ほどのところです。ロンドンへは何度も行っていたとは言え、こんな駅名聞いたこともなかったです。とりあえず土曜日に寮での仲良しYukaさんが一緒に大きなスーツケースを運ぶのを手伝ってくれました。

電話での約束通り、駅に着いて電話をしたら、迎えに来てくれました。ちょっとふくよかなやさしそうな人で、ちょっと安心。荷物を車に積んで家に連れて行ってくれました。

Oxfordの大きな寮とは違って、こじんまりとしていますが、清潔感のあるかわいらしいお家です。部屋に荷物を入れさせてもらって、お茶をご馳走になって、食事のこと、バス(Bathです)のことなど、説明をしてくれました。この時Yukaさんがいてくれてよかった。渡英3ヶ月の私には理解不能でした(笑)。なんとか明日の時間の約束をして、おいとましました。明日からの会話が思いやられるぅ~

その後、同じ日に学校が終わったJunちゃんと3人でロンドン見物をして、Junちゃんとはお別れ。Junちゃんはわずか2週間のプチ留学でしたが、十分楽しむことができたようです。そしてYukaさんと再びOxfordに戻りました。

これがOxford Dover Houseの最後の夜です。Londonへの期待と不安と、Oxfordへの未練と、英語の不安、もう抱えきれないくらいの不安が襲ってきます。でも大丈夫!一生懸命がんべれば、なんとかなる!と信じて・・・爆睡しました(笑)。
d0026822_18311136.jpg
             Hotel Number16 の豪華な朝食 

本のご紹介
スポーツアロマの軽部先生が「スポーツアロマコンディショニング」の本を出版されました。Baldwinの商品をたくさん紹介してくださっています。またBaldwinの基材を使ったムースクリームの作り方なども掲載されています。お申込はこちらから・・・
[PR]
by herb_melissa | 2005-10-22 18:34 | イギリスのお話 | Trackback