ハーブのある暮らし

herbsdiary.exblog.jp
ブログトップ

小淵沢ガーデン報告 Part2

d0026822_1763865.jpgボリジです。雨上がりにきれいなブルーの花を咲かせてました。砂糖漬けを作りたかったけれど、レシピがなくて残念。


d0026822_178258.jpgもうカモミールにつぼみがついていました。あと2~3日で花が咲きそうでした。お茶にできなかったのが、残念。カモミールの花をてんぷらにすると美味だとか。次回味わえるといいな~。









今回もお手伝いに来てくれた高橋さんと話していたのですが、やっぱり大地の力はすごい!東京で植木鉢で育てているハーブは、やっぱりどこか元気がなくって、すぐに虫の害にあってしまうけれど、大地のエネルギーたっぷりの中で育ったハーブは、元気がはちきれるくらい、元気です。葉っぱの色も濃いと思いませんか?

やっぱりハーブも人間同様、自然の中でのぼのぼとしている方がいいのですね。


講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

「セラピスト」掲載記事
小淵沢ガーデンの4月のイベントが「セラピスト6月号」のP146に掲載されました。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-10 17:22 | ハーブ | Trackback

小淵沢ガーデン報告 Part1

実は、5月のイベントは、連休の最終日であったため、事実上イベントは中止させていただきました。が、ハーブの成長はまってはくれないので、ハーブの手入れとウッドチップ敷きのために小淵沢に行ってきました。今日から数日間にわたって、ハーブの成長を報告させていただきたいと思います。

前回、イベントに参加して苗植えをお手伝いいただいた方々には、「あれがこんなになってる!」と喜んで見ていただけたら、幸いです。

5月7日の朝はドシャブリの雨で、(内心ホッとして)ゆっくり寝かせていただき、のそのそ起き出すと平澤さんが自慢の腕を振るった朝ごはんが、用意させていました。

「雨で何もできないね~」なんて話していたら、10時ころになると急に陽がさし始め、いいお天気になりました。もういてもたってもいられなくなり、早速ハーブの成長状況を見に行きました。

育ってる、育ってる、みんな元気に根づいてくれてました。もちろん雑草も元気よく育っていました。平ちゃんがウッドチップを手配してくれていたので、これをハーブの周りに撒くことが今回の使命でした。

土は雨でいい感じに湿って、やわらかくなっていて、雨上がりの美しい青空の青と八ヶ岳にかかった雲の白のコントラストがすばらしかったです。なんとも贅沢なガーデニング(いや野良仕事?)です。
d0026822_2123988.jpg

うしろ姿がさまになっている鎌倉さんです。

そしてラベンダーです。先月は枯れた棒だけだったのに、ちゃんと緑のかわいい新芽が出てました。これから花をつける6月までに急激に成長していきます(してくれるはず)。
d0026822_21235995.jpg


お昼には、初収穫をしたチャイブ・タイム・オレガノでオムレツを(私が)作りました。現地の方々には始めてのハーブ料理だったようですが、おいしいおいしいと言って食べてくれて、内心ホッとしました。

そして食後は、ミントとレモンタイムのハーブティーです。これもおいしいと大好評でみんなおかわりしてくれました。

そして夜には、山菜・木の芽のてんぷら、などなどの春の恵みのお料理がいっぱい並びました。なんと自生しているコンフリーがあって、それもてんぷらになってました。どれもこれもおいしくて、自然ってすごいな~とただただ感激していました。

つづく・・・

講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

「セラピスト」掲載記事
小淵沢ガーデンの4月のイベントが「セラピスト6月号」のP146に掲載されました。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-09 21:40 | ハーブ | Trackback

オックスフォードの城

オックスフォードの城

このブログを始めた最初のきっかけは、「小淵沢ガーデンの報告をするページが欲しい」だったのが、なぜか我が家のハーブの紹介になり、その上、イギリスのことも書きたい!とまで思ってしまいました。

ま、すべてが私であり、多分すべてが「ハーブと食べること」につながっていくような気がします。と言うことは私のすべては「ハーブと食べること」だけだったのかな?ま、それはさておき、私がイギリス滞在中に撮って来た画像を中心にイギリスのことを、週に1回か2回くらい綴って行きたいと思ってます。ぜひお付き合いください。

今日の1枚は、題して「オックスフォードの城」。
d0026822_23401857.jpg
イギリスに渡って、まず語学学校(Eckersley Schoolの寮である、ここドーバーハウスで3ヶ月を過ごしました。(実はこの学校のホームページに私出てます。さてどこに出てるでしょうか?)

d0026822_1153490.jpg

ここで過ごした3ヶ月は、本当に楽しく、たくさんの友達を作ることができ、たくさんのことを学びました。両親には悪いですが、全くホームシックになりませんでした(笑)。




ここには、Helenと言ういわば寮母さんみたいな人がいるのですが、朝ごはんだけ彼女が用意してくれます。前の日にキッチンの脇にある用紙に、希望の食事を書き込みます。

これがすごいんです。卵(スクランブル・ポーチドエッグ・目玉焼き)、ベーコン・ソーセージ・ハム、フルーツ(缶詰ですが)、ベイクドビーンズ、フライドトマト、を選びます。もちろん食べれれば、全部だって構いません。シリアル・トーストはテーブルに用意してくれるので、食べ放題です。

私のお気に入りは、ポーチドエッグ・ベーコン・ベイクドビーンズ・フライドトマト・フルーツです(あれ?全部?)。毎朝こんなに食べていて、ふと気がつくとすごい体重になってました。それからは、シリアルをやめてトーストは1枚だけにしました。あとは上記のフルコースままですが・・・

帰国後もフルイングリッシュビレックファーストが恋しくなり、やっと麻布スーパーマーケットでヘインツのベイクドビーンズを見つけ、イギリスで買って来たポーチドエッグパンでポーチドエッグを作って、フルイングリッシュビレックファーストを楽しんでます。そんな私って変でしょうか?

もちろん裏には大きなお庭があって、Helenがハーブや野菜を育ててました。Helenに頼んだら、好きなだけ摘んで使っていいわよ!と言ってくれたので、ここでもハーブに困ることはありませんでした。

講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

「セラピスト」掲載記事
小淵沢ガーデンの4月のイベントが「セラピスト6月号」のP146に掲載されました。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-08 22:01 | ハーブ | Trackback(1)

復活レモンユーカリ

さて、この新芽はなんでしょう?
d0026822_18523828.jpg


レモンユーカリです。実は、あまりにも大きくなりすぎて、母の手で坊主に刈られてしまいました(笑)。それでもちゃんと時期が来たら、新芽を出してくれました。本当に植物の生命力ってすごいですよね~。

ちゃんとレモンの香りがするんですよ。残念ながら、お料理にもお茶にもしたことがないのですが、お茶でもいけるのかな?今年はちょっとチャレンジしてみようと思ってます。


講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

「セラピスト」掲載記事
小淵沢ガーデンの4月のイベントが「セラピスト6月号」のP146に掲載されました。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-07 22:59 | ハーブ | Trackback

ルッコラの成長

毎日いいお天気に恵まれ、ハーブたちも健やかに育っています。

d0026822_10551460.jpg

↑4月16日にアップしたルッコラの画像です。まだまだ赤ちゃんでした。

d0026822_10552934.jpg

↑今日撮った画像です。間引きしながら、かなり大きくなりました!最近では、かなりルッコラの香りも強く、一人前のルッコラに成長しつつあります。

私のルッコラの一番大好きな食べ方は・・・

イギリスに居た時に、カレッジに行くときにほんと毎回持参していたサンドイッチです。
Whole WheatのMidiumスライスのパンを軽くトーストして、マージョリン(イギリスではマーガリンをマージョリンといいます。日本のマーガリンとはちょっと違って、ヘルシーでおいしいです)を塗って、両面焼の目玉焼(ちょっと柔らめ)を作って、パンに乗せ、たっぷりのルッコラを乗せて、塩コショウとバルサミコ酢をさっと(パンに染みない程度)かけて、パンを乗せれば出来上がり!

これが、Whole Wheatの味と、ルッコラと卵のちょっとやわらかい黄身とバルサミコ酢が微妙にからみあって、いい味になります。う~、おなか空いて来た。

ただ、残念ながら日本で売られているほとんどのルッコラは味が強過ぎるため、あまりおいしくありません。マイルドなイギリスのルッコラがもっと日本でも売られるといいのに・・・と願ってます。

イギリスに行く機会がある方、もしくは、強い味がお好みの方はぜひこのサンドイッチ、試してみてくださいね。

講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。


「セラピスト」掲載記事
小淵沢ガーデンの4月のイベントが「セラピスト6月号」のP146に掲載されました。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-06 10:56 | ハーブ | Trackback

ハーブ寄植え講習会

今日もいいお天気で「寄植え」日和でしたね~。ということで、稲毛海岸にありますTimberYardさんに行ってきました。

TimberYardさんは母体会社さんが材木屋さんで設計から建築、インテリアまでトータルでコーディネイトされるとのことで、どりでとっもすてきなお店です。もちろん品揃えも素敵なものばかりです。

今回の責任者の星合さんは、ロンドンのコンランショップで働かれたことがあるとのことで、なにげなくイギリステーストのものがあって、う~ん私好み、って感じです。一番気に入ったのでお手洗いにある洗面スペースです。この古さ加減がなんともイギリスちっくで、グーです。小淵沢のお店ができるときには、こんな洗面台を作りたいな~と思いました(思えば叶うかな?)。

ガーデン担当の羽生田さんが、いろいろ準備等をしてくださったのですが、もう痒いところに手が届く、と言った具合にすべて完璧に用意してくださり、とっても助かりました。お世話になりました。

さて、講習はこんな感じのものを作りました。
d0026822_21101113.jpg

d0026822_21104631.jpg

参加してくださった方々(お子ちゃまを含め)、とってお素敵な方々で、とても楽しく講習させていただきました(私だけ?)。
あれも言わなくちゃ、これも言わなくちゃと欲張って、いろいろ話してしまったので、ちゃんと分かっていただけたか、ちょっと心配です。わからないことがあったら、質問してくださいね。

講習のあとに私が大好きなブレンドのフレッシュハーブティーを試飲していただいてのですが、みなさんに喜んでいただけたようで一安心。お子ちゃまはどうかな?と思ったけれど、案ずるより生むが安し、彼女もおいしい~と喜んでくれて、よかったです。きっと今日作った寄植えを大事に育ててくれることと思います。

今回のような企画をすることで、今までハーブと縁のなかった方、ハーブを知りたかったけど、なかなか縁がなかった方々に、ハーブを好きになり、生活に取り入れていただくきっかけを作ることができるといいなと思います。こんなすばらしい機会を与えてくださった方々に感謝感謝です。
Many thanks!
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-05 21:19 | Trackback

レモンが蕾をつけました!

d0026822_15375684.jpg

レモンが蕾をつけました! 今年は愛情をそそぎこんだ(?)せいか、たくさんの蕾がなりました。これでレモンの実をみることができるかしら?!楽しみです。

レモンの花って、こんなに小さいんです。香りもそれほど、というよりほとんどないかもしれません。こんな小さな花が、あんなに香りがよくすっぱいレモンを実らせることができるなんて、植物の生命力に驚かされるばかりです。

この世に生命を残そうと必死なんですね。この生命力が精油となって、私たちを癒し、レモンの場合は元気つけてくれるんですよね~。神秘的です。

そうすると1滴の精油も無駄なく使わなくては・・・と思いますよね。ハーブや精油を扱う仕事をさせていただいている者として、その恩恵に預かり、それに感謝する気持ちを忘れないようにしなくては、と思います。

いよいよ明日は、稲毛海岸のTimberYardさんの寄植え講習です。ちょっぴりドキドキ、でもとっても楽しみです。ハーブを育てることの楽しさを分かってもらえるようにがんばってきます!


講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-04 15:49 | ハーブ | Trackback

フキノトウ

4月に小淵沢で食べた「フキミソ」が忘れられなくて、フキノトウ売ってないかな~、とスーパーに行くと探していたのですが、昨日見つけました!なんとその売り場のすぐうしろには、長なすの安売りまで。う~、なんといたせりつくせりだこと・・・

そして、平沢さんに教えてもらったとおり、作ってみました。

フキノトウはみじん切り、長なすはいちょう切り、フライパンに油をいれて、ナスを炒めて、しんなりしたら、フキノトウを投入、そこに砂糖・味噌をほぼ同量入れ、焦げないように炒めて、できあがり!!

これがごはんによく合うんです。ごはんを食べ過ぎちゃいます。

多分これでもう来年の春まで食べれないかと思うと(;_;)
来年の春がもう楽しみです。


いよいよ明後日5月5日は、TimberYardさんでのハーブ寄植え講習会です。今日、苗の配送状況を確認したら、無事到着していました。一安心。ハーブハーモニーガーデンの鈴木さんのお心遣いで、上質の苗を届けてもらうことができました。ここの苗は鈴木さんの愛情たっぷりで育っているから、とっても元気です。

お願いすると送ってもらえるので、苗が必要な時には、ぜひご依頼ください。

講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

JulieのEnglish Lesson
Julieはイギリス人の女性です。彼女はプライベートで英会話のレッスンをしてくれます。毎回手作りのお菓子を作って出迎えてくれます(それが目的だったりして?)。またお料理教室もしてくれます(もちろん英語ですが)。イギリス料理と侮るなかれ。イギリスの家庭料理はおいしいんです!希望に応じていろいろなアレンジをしてくれます。ご興味のある方はコメントに書き込みお問い合わせください。

d0026822_09462.gif

[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-03 21:45 | クッキング | Trackback(1)

ハーブたっぷりトルコ風おやき

今日は、カバック・ムジュヴェリHaruki風を作りました。

カバック・ムジュヴェリは、トルコのお料理でトルコ風おやきと言った感じのものです。愛読しているアイシスラテールに載っていて、ぜひ作ってみようと思って、材料を用意していました。

なぜHaruki風かと言うと、本ではパセリしか使っていのですが、私はセージ・タイム・チャイブ・イタリアンパセリ・バジルを入れてみました。

作り方はいたって簡単。ズッキーニ1本(イギリスではコジェットと言います)は、千切りにして茹でて水に入れて、硬くしぼっておきます。モッチェレラチーズ30gはおろします。にんにくはみじん切り、ハーブもみじん切りにして、上記すべての材料と小麦粉50gと卵1個、塩コショウをしてよく混ぜ合わせ、オリーブオイルをひいたフライパンで丸く焼くだけです。

これにトマトケッチャプとヨーグルトを混ぜたソースをつけていただきます。

これが、意外や意外(?)、予想以上においしかったです。ねぇ、おいしそうでしょ?八ヶ岳ガーデンには、ズッキーニの苗も植えましたから、夏にはトルコおやきも作りましょう!

d0026822_18161457.jpg


明日も作っちゃおうかな???そういえば、「Harukiの一つ覚え」とよく言われてました。気に入ったものは、飽きるまで食べ続けるんです、私(笑)。

トルコと言えば、BaldwinのスタッフにMeralと言う素敵な女性がいるんですが、彼女が自宅に招待してくれた時に、トルコ風肉団子を作ってくれました。というより、な~んにでも興味ある私は、作り方を教えてもらいながら、一緒に作らせてもらいました(笑)。彼女のご両親か祖父母かが、トルコの人だそうです。なので彼女はエキゾジックな美人ですよ~。

その時に、ヨーグルトにミントとにんにくと塩少々を入れたソースを作ってんですが、最初はおいしいの???と疑ったけれど、これが肉団子をさっぱりさせてくれて、なかなかおいしかったです。トルコはなんにでもヨーグルトを入れちゃうんですね。

Meralにも、いろいろなことを教えてもらいました。また少しづつお話していきたいと思います。


講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

JulieのEnglish Lesson
Julieはイギリス人の女性です。彼女はプライベートで英会話のレッスンをしてくれます。毎回手作りのお菓子を作って出迎えてくれます(それが目的だったりして?)。またお料理教室もしてくれます(もちろん英語ですが)。イギリス料理と侮るなかれ。イギリスの家庭料理はおいしいんです!希望に応じていろいろなアレンジをしてくれます。ご興味のある方はコメントに書き込みお問い合わせください。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-02 21:33 | クッキング | Trackback

石鹸作り Part2

今日は、昨日仕込んだ石鹸の型出しです!

ちょっとチェックしてみたところ、室温が高かったせいか、ちょっとウェットな感じ・・・これは悩みどころです。型出しすべきか、待つべきか・・・

迷った末、型出しを決行!結果オーライです。とってもきれいに出すことができました。おいしそうなペール色です。この状態で4週間熟成させます。その間にアルカリが中和されてPhが9~11になります。
d0026822_1559214.jpg


失敗、いや洗濯用石鹸は、型出しをもう1日待つことにしました。今日もう1本仕込んだので、明日一緒に型出ししようと思います。今、保温箱の中で仲良くならんでます。


昨日の夜、紅茶を飲んでいて無性にショートブレッドが食べたくなったので、今日はショートブレッドも焼きました。通常、ショートブレッドにはセモリナ粉を使うのですが、イギリスの友人Helenがライスフラワー(その名のとおりお米の粉)でも大丈夫だよ、と教えてくれたので、どこだったか忘れてしまったけれど、「道の駅」に行った時に買ってありました。

レシピは、Helenも私も大好きな、Delia Smithと言うイギリスの日本で言うところの料理研究家と言われる人のものです。余談になりますが、帰国する時に、Baldwinのスタッフがくれたものです。

日本では、Jamie Oliverが人気ですが、彼は新進料理家と言った感じで、斬新な料理を作ります。最近はちょっとアジアチックなお料理に興味があるようです。Delia Smithは、トラディショナルな感じで、伝統的なイギリス料理を基本にしていて、お料理番組でもとてもシリアスに、きっちりとまじめに料理してます。

小麦粉は「Made in England」のオーガニックです。イギリスのレシピでお菓子を作っても、イギリスの味にならないのはなぜだろう?とHelenと考え、「粉が違う」との結果になりました。

なので、イギリスに行くとオーガニックの小麦粉を買い込んで来ます。と言っても重たいので、せいぜい2~3袋ですが・・・だから、大事に使ってます。でも本当に格段おいしくなります。粉の味がおいしいんです。

またまた余談ですが、イギリスの小麦粉は、「Self rising flour」というのがあって、これは小麦粉の中にすでに10%だったかな?ベーキングパウダーが入ってます。そして、ほとんどの粉は「Sifted」と書いてあり、すでに振るってあり、そのまま使うことができます。さすがイギリス。

ということで、出来上がりで~す!
d0026822_16133555.jpg


サクサクで、ほどよく甘く、粉の味がおいしい、おやつができました。早速、アールグレイ(これもイギリスから買って来た)で、いただきました。

今日1日で食べちゃうかな???




講習の予定

7月にAKHプロジェクトワンデーセミナーで講師をさせていただくことになっていますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
AKHプロジェクトワンデーセミナーのブログからお問い合わせください。

JulieのEnglish Lesson
Julieはイギリス人の女性です。彼女はプライベートで英会話のレッスンをしてくれます。毎回手作りのお菓子を作って出迎えてくれます(それが目的だったりして?)。またお料理教室もしてくれます(もちろん英語ですが)。イギリス料理と侮るなかれ。イギリスの家庭料理はおいしいんです!希望に応じていろいろなアレンジをしてくれます。ご興味のある方はコメントに書き込みお問い合わせください。
[PR]
# by herb_melissa | 2005-05-01 16:30 | グリーンコスメ | Trackback